ときめきが足りない女子におすすめ!少女マンガ「ユウキとナオ」で心をうるおそう

こんにちは♡「女子ろぐ。」運営者の絵亜です

最近、絵亜はキュンキュンが足りません!(唐突)

もともと男子との出会いが少ないってのもあるんだろうけど…キュンキュンが足らないんです…

絵亜はそういう時、いつも少女マンガでキュンキュンする気持ちをチャージしてます。

だって、少女マンガは女子の理想をぎゅーってつめこんでるんだよ?
ストレスとか仕事でささくれた心を、胸きゅんで満たしてくれます。
めっちゃ潤うよ…!

絵亜と同じように、毎日がんばってる女子こそ、少女マンガ読んで心ほぐされてほしいんです

最近絵亜が読んだ中でもおすすめなのが、

ユウキとナオ」っていうティーンズラブ漫画です。

電子書籍で最初は読み始めたんだけど、結局単行本も買っちゃった!

大学生のふたりのストーリーなのですが、とにかくかわいい。

恋愛模様はもどかしくて、それでいて女子の理想も詰まってて…

 

ささくれっぱなしの女子におすすめしたい漫画です。

たくさんの女子に読んでほしいので、カンタンなあらすじ(ネタバレ含む)と、ときめきポイントをまとめておくね。




ユウキとナオ、あくまでも「親友」関係…?/「ユウキとナオ」第一話

(写真はイメージです)

「ユウキとナオ」は、恋愛経験ゼロの女子・ナオと、とことん女運がないユウキのラブストーリーです。

 

ナオがまったり喫茶店でバイト中のところに、昼間から号泣するイケメンを見つける。

そのイケメンの名前はユウキ。人前で涙を流す男の人を初めて見たナオは、思わず「大丈夫ですか?」と声をかけてしまう。

関係ない相手だから言えることもあるだろうから、とユウキの相談に乗ったのが、二人の関係のはじまり。

ためらうユウキに「ほら、時々相槌を打つ壁みたいなものだと思って!」と言うナオに、「面白いこと言うんだね」とふにゃっと笑うユウキ。

その表情、とてもかわいい。

聞いてみると、2週間前に告白されて付き合った相手が浮気したそう。

ユウキのポリシーで、まだ付き合い始めて間もないから清い関係でいたんだとか。

それが彼女にとってはダメだったみたいで、友達にも責められ、大学のサークルにもいづらい…とナオに打ち明けました。

「もう誰も信じられない!」と落ち込むユウキに「辛かったね、でも私も怒るよ」となぐさめの言葉をかける。

ユウキはナオに欲しい言葉を言ってもらえて、安心したような表情です。

 

その後、街でユウキと元カノの修羅場に出くわしたナオ。

機転をきかせてユウキを助けたことから、二人の「親友」関係がスタートします。

何でもない用事でふたりきりで遊んだり、だらだら過ごしたりして。お茶代もきっちり割り勘。

ユウキはナオの胸が大きいことをからかわないし、さらっと「可愛いのに」って言ってくれます。

ナオにとっても好印象です。

お互いの将来の夢を語り合ったり、食事をしたりするにつれ、距離はどんどん縮まります。

だけど、とあるタイミングからユウキの態度がギクシャクして…

 

ある日、二人きりで遊んだ帰り、どしゃぶりに合う。

びしょ濡れの服を乾かすために、ナオのバイト先に駆け込んだふたり。

ユウキの筋肉質な身体やナオの裸エプロン風(!?)を目の当たりにして、ユウキの男としての欲望が爆発して…!?

終わった後「ごめんね、こんな風にするつもりじゃなかったのに、もっと大切に…」と泣きじゃくるユウキ。

ユウキは、こういう関係が自分的に許せなくて、ナオにいろいろ相談してたんだから。

自分がそういう行動に走ったことに落胆を隠せないのです。

ナオも気まずそうな顔をします。

 

その後気まずい雰囲気になってしまったふたり。でも、ナオは後悔していない。

ユウキとの一件を思い返してたナオのもとに、ユウキからのコールが。

ナオは耐え切れずなかったことにしようとするも、なかったことにしたくないユウキは「勿論明日も会ってくれるよね?」と無理やり約束を取り付けます。

 

街で落ち合った二人のもとに、ユウキの元カノが現れます。

ナオにさんざんひどいことをいったうえで「消えなよオッパイオバケ」ととどめの一言。

耐え切れずナオは立ち去ろうとするも、ユウキはちゃんとそれをかばう。

元カノが去ったところで「ユウキの傍にいたいとおもったから(誘いに応じた)」「ナオが好き、僕のものになって、ずっと一緒にいてほしい」とお互いの気持ちを伝えあいます。

 

めでたく恋人同士になったふたり。

だけど、恋愛初心者のナオとピュアなユウキ、関係は一筋縄ではいかないのです…

ナオは相変わらずこじらせてるし、ユウキはナオのことが好きすぎて空回りすることも。

3巻まであります。ふたりのラブストーリーから目が離せない!

 

この続きは完全なネタバレになっちゃうから(笑)このくらいで。
ここまで説明したら、次は胸きゅんなポイントを紹介します。

 




ユウキがピュアで、めっちゃ優しい。

(写真はイメージです)

ユウキはとても誠実に接してくれる男子です。

絵亜のタイプです。ストライクです。

ユウキは、とにかくナオのことが好きすぎる。

ナオのことが好きすぎて「いつも一緒にいたい」「触れ合いたい」って気持ちがダダ漏れ。

だけどぐっとこらえて、ナオには誠実に接してます。

 

周りの男子がナオの胸ばかり見てたり「オッパイオバケ」って言ったりする中、ユウキは絶対にそんなこと言わない。

ちゃんとナオのことを見てて、良さを分かってくれてます。

ほんと、ユウキみたいな男子と絵亜は付き合いたいです

平気で「ブス」とか「キモい」って言ってくる男子、ふつーにいるもんね…そんな男子と付き合ってたら、自分自身もどんどんブスになってく気がするし…

ユウキはそんなこと絶対言わないから、理想的なんです。

 

そして、とにかく優しい。ぜったいナオのこと傷つけない。

傷つけたくない余り優しすぎる部分もあったけど、ナオとの出会いで自分の気持ちをちゃんと伝えるようになってくユウキ。

そういうのもほほえましいなと思いました。

 

実はユウキ…親がミュージシャンとして成功してて、ボンボン。

そのうえイギリス人とのクォーター。イケメンだし、アクセサリーみたいに連れて歩きたい女子が群がるタイプ。

それゆえ、女運が悪いってのもあります。

 

家のことや見た目じゃなくて、ユウキの中身を見てくれる女子になかなか出会えなくて、彼もかなりもやもやしていました。

だけどナオは、ユウキの中身をちゃんと見てくれる女子。

もちろんお金持ちな彼の親に戸惑うことはあっても、それが付き合う基準になるとは思ってません。

わりとサバサバとしてると思ったら、女の子らしいことをいうところもあったりして…

ユウキが夢中になる理由もすごくわかる。

 

私も中身をいちばん愛せる相手に出会って、誠実な恋愛がしたいのです…

「ユウキとナオ」が胸きゅんなのは、とにかくユウキが女子の理想だったってこと。

まずは1巻から、現実の恋愛で疲れ切った女子に、一度読んでほしいです。

若菜光流さん(作者)の絵がめっちゃかわいいってのもお気に入りポイントのひとつ。この作品きっかけでファンになっちゃったよね。

「ユウキとナオ」をケータイで読む!!

(写真はイメージです)

単行本をいちおう買ったんだけど…

実は電子書籍も買っちゃうくらい「ユウキとナオ」はお気に入りの作品です。

おうちでのんびりしてる時は単行本で、移動中に読みたくなったら電子書籍で、って使い分けるようにしてます。

私がいつも少女マンガを読んでるサイトは「Renta!」です。

CMもよくやってるし、使ってる人も多いんじゃないかな?

「読まずにいらRenta!」ってやつ。

たしかに、読まずにいられないんだよね…(笑)

注目の作品ばかりで、毎月かなり課金しちゃってます。

 

Renta!はお気に入り機能が使いやすい。好きな漫画がぱっと開けるから重宝してます。

「ユウキとナオ」はもちろんだけど、単行本が売ってない漫画もいっぱい読めるので、おすすめです。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*